Powered by Typepad

« 有機農業研究者会議2017 | メイン | 着色が進みにくい年 »

コメント

福眞睦城

つがるに1回散布しましたが、確かに葉の立ち上がり、色づきはじめが確認されました。ただし、散布後の高温傾向の継続(9月に2回も猛暑日を観測)によって気温の低下がなく、着色は苦しい状況、かつ日焼け傷害に悩まされました。次年度はつがるでは2回散布とこかげの利用を前提とした処理を検討しています。

ブログ管理者

福眞様

散布いただき有難うございます。
本年は暑さも尋常ではなく、りんごも糖の蓄積も不十分で着色には圧倒的に不利な年であると思います。
来年はぜひ複数回散布と日焼け防止のための「こかげ」の散布をご検討願います。
引き続き宜しくお願い致します。

ブログ管理者より

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)